Browse By

外国人対象の今年度の新卒採用体験談

私は貿易商社系の会社で働いています。役職は課長クラスになります。採用する側ですが今年度の新卒採用体験談をお話ししたいと思います。私の会社は今まで即戦力を求めていましたので中途採用のみしか行っていなかったのですが、なかなか良い人材が見つからないため、今年は新卒を採ろうということになり、大阪で開催された外国人留学生の就職説明会に行きました。私の部署は海外の取引先と直接商談する機会が多くあり、業務内容の説明として総務の社員とともに私も参加しました。日本人で英語を始め外国語を話せる社員も多くいますが、日本でもあるようにその国々でビジネスマナーがあります。言葉は喋れても、その国の文化を知らないとなかなかビジネスではうまくいきません。なので、外国人留学生を対象として新卒採用を行っています。

その就職説明会では、某大手コンビニ、全国展開しているスーパー、世界的に知名度のある機械メーカーなども多く参加されていました。留学生の参加者も100人は超えていたと思います。日本人の大学生の就職説明会も行ったことがありますが、何よりも驚いたのは、海外の方たち、特に欧米系の方たちはものすごく積極的だということです。日本人だと座席の後ろよりに座ったり、進んで質問をしてくる方はごく限られてきます。聞きたいことを聞けずに説明が終了してしまったなどといった経験、思い当たる方もおられるのではないでしょうか。外国人の方たちは我れ先にと面接官の目の前最前列に座ってくるし、質問も一人で2~3回してくる方もいます。また、積極的に自分を売り込んできます。

私はこんなことをしたことがある、こんなことができる、だからこれくらいの給料を希望しているなどなど・・・。また、日本で知識や技術を身につけて、将来的に自国で商売をしたいとか、日本で起業して自国との貿易をやりたいといった夢を持っている人も多いという印象を受けました。私の経験上、何かしらの夢や目的を持って仕事に取り組む人の方が、仕事で良い結果を残していると思ってますので、とても印象的でした。他には、私が説明している目の前で寝るといった、堂々とした方もおられました(笑)もちろん採用・・とは残念ながらいきませんが、最前列に座りながら寝れるというのも、日本人では考えにくいところかと思います。ある意味すごいなというのが印象です。結局、1回30分ほどの説明が、質問の連続で50分くらいかかり、それを5回連続で繰り返すといった大変なものになりましたが、縁あって3名ほどの方が採用となり、現在頑張っておられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*