都心部の新卒採用と地方の新卒採用の違い

みなさんの中には都心部で就職活動を行っている人もいると思います。それでは何か新卒採用において異なることはあるのでしょうか。やはり都心というと都会なので日本の中でも大きな企業が集まっています。そのような刺激的な環境の中で育ってきた学生の多くはそのような大企業を夢見て新卒採用を目指すのです。しかしそのような現実は実際のところ難しいと言われています。そこで今回は都心部の新卒採用と地方の新卒採用には何かしらの違いがあるのかについて述べていきたいと思います。まずは都心部からです。私が実際に企業活動を行ってきた中で感じたことは、都心部の学生はレベルが本当に高いということです。確かにピンからキリまでいますが、意識が高い学生が本当にそこら中にいるのです。


その要因としては先に述べた通り常に色々な企業について大学生の中から活動を行っている人は触れる機会があるのです。そのような機会がある人はここに就職したいと思う意思があるので頑張ろうとしますよね。そしてその目標としている企業が本当に大きなき魚であることが多いのです。実際に私の都心部に住んでいた学生はそのような流れで志望する会社へと新卒として入社することができましたしね。また、企業側からすればやはり都心部の学生の中でも優秀な生徒にはそれなりに早い時期から目星をつけているという話を聞いたこともあります。レベルの高い都心部の大学に関してはゼミを通じてヘッドハンティングが行われることもあるようです。


それだけレベルが高いことの証拠なのかもしれませんね。それでは地方の方はどのようになっているのでしょうか。基本的に都心部よりはおっとりした感じです。大企業が少ないことも大きな要因となるとは思います。さらには地方の中で中小企業が多いところにとっては新卒採用にこだわっているところも多くはないように思います。確かに新卒ならば良いけどとにかく就職をしてほしいということだ第一条件なのかもしれませんね。そしてさらには、学生の視点で見ると、学生は就職活動に対して楽観的な人もいるのかなと思います。50社受けてどこも受からなかったというのはないだろうと思っている人も多いのである。みなさんの中には都心部で就職活動を行う人もいれば地方での就職活動を行う人もいると思います。ぜひともその際には自分自身でそのような雰囲気を感じとってみてくださいね。みなさんにとって自分が納得のいく企業に就職できることを願っています。